妻籠宿がある南木曽町とはどんな街?南木曽町の気候,天気に関しても詳しく解説。

中信地域

南木曽町ってどんなところ??

統計

 面積

215,93㎢

人口

約3,800人

概要

南木曽町は長野県の南西部、木曽地方の南に位置しています。全体の94%が森林で占められており、うち7割が国有林ということです。町の中央を流れる木曽川とその支流をはさむ段丘に7集落が広がっています。

 木曽川沿いには南北にJR中央西線と国道19 号が走り、東西には、国道2 5 6 号が伊那谷に通じています。隣県の中津川市中心部まで約 22km、県内近隣市町村の木曽町まで約35km、飯田市まで約35km の距離にあり、古来から伊那谷、木曽谷と美濃を結ぶ交通の要衝でした。

南木曽町の特徴

 地質の大部分は、風化が進み脆くて崩れやすい巨晶花崗岩からなっているそうで、町内は急峻な斜面が多く平坦面が少ない地形を作っています。

また気候的には温暖ながら雨量が多く、年間降水量は多い年には 2,500mm から 3,000mm に達します。

こうした地質・地形・気候は、幾多の土石流災害を引き起こす一方で豊かな森林資源を育み、町は古くから木材生産・加工業を基幹産業としてきました。

なかでも、国選定重要伝統的建造物群保存地区の妻籠宿は非常に魅力的な観光スポットです。また、国の近代化遺産に指定された桃介橋をはじめとする恵まれた文化遺産の宝庫でもあります。

近年では開発された温泉の活用による観光産業が町の主要産業に位置付けられるようになってきました。

ともや
ともや

南木曽町は妻籠宿のイメージが強いけど,実は近代化遺産が多く残されていたり,渓谷や滝が何種類もあり,1日ゆったりとした時間を楽しめる街なんです!!

南木曽町の気候について

南木曽町は比較的長野県の中でも穏やかな気候の場所といえますが、前述した通り、雨が多いことが難点です。季節ごと表すとこんな感じになります。

春(3月から5月)

-春の始まりはまだ寒さが残りますが、徐々に暖かくなります。3月の平均気温は5℃前後、5月には15℃から20℃まで上昇します。春は降水量が増え始めますが、まだ梅雨には達しません。4月から5月にかけては比較的乾燥していることが多いです。

南木曽町でお花見をするには4月が最適です。

夏(6月から8月)

夏は比較的温暖で、平均気温は20℃から25℃程度、日中は30℃を超えることもありますが、朝晩は涼しくなります。

6月から7月の梅雨期には降水量が増加します。8月は雨が少なくなることが多いです。

緑が豊かで、山々の景色が美しい季節です。梅雨明け後は湿度が低く、快適な夏を過ごせます。

秋(9月から11月)

秋は急速に気温が下がります。9月の平均気温は20℃前後ですが、11月には5℃から10℃に下がります。9月は台風の影響で降水量が多くなることがありますが、10月から11月にかけては乾燥することが多いです。

紅葉で、美しい秋の風景が広がります。特に10月から11月は観光に最適です。

冬(12月から2月)

冬は非常に寒冷で、平均気温は氷点下になります。12月の平均気温は0℃前後、1月と2月は-5℃から-10℃まで下がることがあります。

冬季は降雪が多く、積雪量も増えます。特に1月から2月にかけては雪が多く降ります。

南木曽町へのアクセス方法は?

鉄道

中央本線(JR東日本・JR東海)を利用して南木曽駅に下車します。

南木曽駅には必ずではありませんが、特急「しなの」号が停車します。名古屋駅、長野駅から向かうことができます。

   – 東京方面から:塩尻駅から特急しなの号、または普通列車にて中央本線の列車に乗り向かうことができます。

   – 名古屋方面から:名古屋駅から中央本線の特急「しなの」号に乗車し、「南木曽駅」で下車します。所要時間は約1時間半です。

高速道路を利用する方法

   – 東京方面から:中央自動車道を利用し、伊那ICで下車。その後、国道153号線を経由して約1時間半で南木曽町に到着します。

   – 名古屋方面から:中央自動車道を利用し、中津川ICで下車。その後、国道19号線を経由して約1時間で南木曽町に到着します。

注意点

国道19号線は積雪や降雨により通行止めになる可能性があります。

この辺りは他の路線がなく、通行止めになった際の抜け道はありません。

天気予報や道路情報に注意して観光しましょう。

ともや
ともや

南木曽町の観光は天気がかなり重要になってきます。

車で行く場合には近くに高速道路がないので、長時間の運転の可能性も考えた方が良いでしょう。しかしながら通常の国道19号は広くスムーズな交通で快適な道路ではあります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました